校長挨拶

 

 日頃より、本校の教育活動に対し、御理解と御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 本校は、本年度、開校から4年目を迎える年となりました。本年度の目標は、開校以来3年間で積み上げてきた基礎の更なる積み上げと、それを基にした教育実践・応用としました。具体的には、「高等部卒業後の自身の姿について夢を描く。」と「主体的に学びに向かう教育課程の編成」の二つの目標を掲げました。この目標設定については、言うまでもなく、昨年度の小学部、本年度の中学部、来年度の高等部学習指導要領の改訂を踏まえたものです。しかしながら、現在の学校現場は、新型コロナウイルス感染症対策を進める中で、様々な教育活動、行動等の制限があります。しかしながら、学校にとって最も大切なことは、ここで学ぶ全てのお子さんの安全を守ることです。できないことを嘆くばかりではなく、許される条件の中で、どうすれば最大限の教育効果を得られるかということを教職員一人一人が柔軟に考え、新しい発想も含め実践をしていきたいと考えています。

 本年度も、本校の教育活動につきまして、保護者の皆様、地域の皆様、関係の方々には引き続き、御理解、御支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

令和3年4月

  愛知県大府もちのき特別支援学校長 鳥山 淳